松戸市で家族葬をやるメリットとは?

家族葬はインターネットの普及とともに、たいへんなスピードで増え続け、今や葬儀全体のおよそ3割を占めるまでになっています。従来型の一般葬はおよそ4割にまで減っており、比率が逆転する日も遠くないかもしれません。インターネットが登場する前は、ことばすら存在しなかったにもかかわらず、短期間でせきを切ったような増え方をしたということは、それだけメリットが大きいということでしょう。人々が待ち望んでいた形態であり、かなえたくてもかなえられずにいた人もおおぜいいると見られます。若い世代が急死したような場合は、従来型の一般葬が向いているでしょうが、寿命をまっとうした場合や、長い闘病の後なら、家族葬のほうが、故人を最優先にした時間が持てると言えるでしょう。

故人と遺族のための、別れの時間

従来型の一般葬だと、しきたりや儀礼などを気にかける必要があり、普段は馴染みのないことを急に憶える必要に迫られるため、参列者も、準備して迎える遺族も大忙しです。本来葬儀は、故人を悼むことが趣旨のはずですが、儀礼に合わせ、礼とされるものを失しないことだけに意識が向かいがちになります。葬儀は家族だけでおこない、必要なところには後日はがきなどで連絡するという方法は、以前は著名人などが時々おこなっていたことです。そうした報道に接して、その方法に憧れを持っても、一般の人々にはそれをとりおこなう道が事実上はなかったため、葬儀社に誘導されるまま、大規模な一般葬をおこなうしか選択肢はない状況がずっと続いていました。しかしインターネットが登場し、情報が容易に得られるようになって、状況は一変しました。

インターネットで比較検討して選択

以前は、病院にいたり、しがらみでその場にいる葬儀業者に依頼することになるのが通例でしたが、インターネットが普及した現在は、オンラインで検索し、各社を比較検討して決めるのが当たり前になってきています。松戸市は大都市ですので、葬儀業者はたくさんあります。各社とも松戸市で、365日24時間待機していますから、事前予約する必要もまったくありません。葬儀の必要が生じてから、インターネットで検索しても十分間に合います。葬儀形態も、その時に決めてかまいません。各社とも、家族葬のプランを用意しています。おおもとだけ決まっていて、ほとんどがオプション選択になっていますので、遺族だけで自由にアレンジできます。誰にも気兼ねせず、形式も気にせず、故人を悼むことだけに時間を使えます。