家族葬を松戸市でやる価格はいくら?

お葬式というと故人を最後に華々しく送ってあげたいと、家族、友人、仕事関係、ご近所さんと生前親交のあった人たちが集い、盛大に行われるイメージがある人が多いと思います。しかし、近年では少子化や高齢化といった社会スタイルの変化や冠婚葬祭をあまり華美にしたくないという希望を持つ人が増えていることなどにより、お葬式の形態も変化してきています。特に首都圏などの都市部では、大勢を招いて行われる葬儀ではなく家族・親族を中心にこぢんまりと執り行われる家族葬が右肩上がりに増えている傾向があります。晩年は一人暮らしであまり葬儀に参列する人がいない、華美に葬儀を行いたくない、家族でゆっくりと故人を偲びたい、などと理由は様々ですが、ここ数年で葬儀の主流を占めるところまで増えている葬儀の形なのです。

具体的にどのような費用がかかるのか

では、実際にどのぐらいの費用がかかるのかというと、松戸市の場合は火葬場と併設された大変便利な市営斎場があります。葬儀にかかる費用は祭壇や位牌・遺影・棺などの小道具類、受付道具や看板などの道具類、寝台車、人件費、火葬代そして飲食代、お返し代といった項目ですが、忘れてはいけないのが斎場使用料です。斎場は公営と私営があり、公営はリーズナブルです。私営はその会場ごとに自由価格なのでピンからキリまであり、公営とあまり金額が変わらない斎場から数十万円単位で高額になる斎場もあります。松戸市の場合は市営斎場の場合は市民の利用の場合は23,700円と斎場使用料がとてもリーズナブルなので、葬儀費用全体を節約することができます。また、火葬場も併設されているので移動が楽というメリットもあります。

具体的にいくらぐらい必要なのか

このように葬儀には様々な項目で費用がかかり、それぞれのグレードにより費用は上がっていきます。祭壇、棺などの小道具や、飲食代についてはグレードごとに値段設定が異なるのはもちろんですが、斎場も規模が大きくなるほど費用は高くなります。家族葬の場合は家族、親族のみでこぢんまりと10人ほどで行われる式から、家族、親族以外にも親しい友人は招いて20~30人程度で開かれる式も珍しくありません。参列人数が増えると会場の規模は大きくなり、それに伴い祭壇や飾りも大きくなるため金額による総費用の差は有りますが、松戸市営斎場で家族葬を行う場合は、葬儀に必要な全ての物から人件費、火葬などの手続き費用を含めて10名程度の式ならば40万円ほど、25名ほどならば45万円程度の金額で行うことができます。