家族葬を松戸市でやるとなにかあるの?

千葉県は、通夜や葬式の準備など一連の葬儀を葬式組や班と呼ばれる互助組織が取り仕切る宗教儀礼に関する風習などが数多く継承されている地域ですが、政令指定都市の千葉市に加え首都東京と接する松戸市や船橋市などの都市部と特に南房総エリアの農村地域や漁村地域では宗教観や死生観に基づく宗教儀礼に関する風習が大きく異なり、葬式当日に納骨及び埋葬してしまう地域が多くあります。千葉県では、地域によって長会葬礼状とともに寿を全うした故人のお葬式において紅白の紐を穴に通した5円玉を参列者に配る長寿銭や僧侶と遺族がお題目を唱える年寄り講、4本の竹に麻の紐で五色の紙を飾った納骨時に使用する埋葬品である四本旗など地域独特の宗教的風習が連綿と受け継がれて来た地域です。

家族葬における通夜や火葬の地域の風習

千葉県の都市部では、戦後の人口増加に伴い地域の宗教儀礼の風習の継承が薄れ、全国的な葬儀の手順と同様に医療機関などより遺体を引き取り、通夜及び葬儀を営んだ後に火葬を行う後火葬が行われていますが、農村地域や漁村地域では宗教儀礼に関する風習に従って前火葬が行われています。前火葬のタイミングも、通夜に先立って火葬を行う銚子市周辺地域と通夜の翌朝に火葬を行う館山市周辺や九十九里周辺などがあり、県内でも地域によって火葬のタイミングが大きく異なります。千葉県では、火葬のタイミングだけで無く通夜を営んでいる時間が大きく異なり、房総エリアでは現在も皇室で行われている殯に由来し、遺体を守る為に夜通し線香を絶やさない夜伽や夜伽見舞いなど行われていますが、都市部では夕刻から開始し2時間から3時間程度営まれる半通夜が一般的に行われています。

松戸市の家族葬で行われる変わった風習

松戸市の家族葬は、東京都に隣接する地域である事もあり、ほとんどの場合が通夜及び葬儀後に火葬が行われる一般的な流れですが、告別式の焼香前にお酒をお猪口に注ぎ込み遺族や親族で飲み回する別れの盃が行われる事もあります。更に、別れの盃だけで無く、餅に関する変わった宗教儀礼の風習があり、一升枡の裏に切って乗せた丸く平らな餅に塩をつけて遺族や親族で全て平らげる己中払い食事中力もちが行われています。葬儀の翌日早朝には、滴中陰経過後に中有から他界に移る死者の苦痛を避ける為や地獄の獄卒に献上する為の四十九日餅、冥界の審理に関わる十三の仏や初七日~三十三回忌まで十三回の追善供養を司る仏様に献上する十三仏餅を誰にも目撃されない様に菩提寺や墓地にお供えする風習が現在も行われています。